IT用語

ブラウザーとは?意味や種類も紹介!

インターネットを利用するために必要不可欠なブラウザー。

言葉は聞いたことあるけど、ブラウザーって何?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では

ブラウザーとは?

ブラウザーの種類

について書かれています。

ブラウザーとは?

ブラウザーとはインターネットを閲覧する為のソフトウェアのことです。

browse(ブラウズ)という言語が元になっていて、意味は拾い読むです。

インターネット上でユーザーが必要としている情報を拾い読むことを意味している

と言えるでしょう。

ブラウザは、プログラミング用語(HTMLやCSSなど)で構成されたソースコードを

日頃ユーザーが目にしているWebページとして表示させることを役割としています。

 

ブラウザーの種類

「Google Chrome」

Google社が開発するスマートフォンやWindows、macOSに対応したブラウザーです。

拡張機能が沢山あるので、自分が使いやすいようにカスタマイズすることが出来ます。

最先端のWeb技術によって、起動も閲覧スピードも他のブラウザーに比べて早いと言われており、世界シェアナンバーワンのブラウザーと言っても過言ではありません。

Webの開発現場でも、Google Chromeを使う場合が多く初心者から現場のエンジニアまで幅広く使用されています。

 

「Internet Explorer」

Windowsに標準でインストールされている「e」のマークが特徴的なブラウザーです。

マイクロソフトがかつて開発していたウェブブラウザーで、世界でシェア率も高く

起動やページの表示速度は遅いと言われていますが、使用している方も多く、

普段Webページを閲覧するくらいならまったく問題ありません。

不具合がおきた時の情報量も多いので安心です。

Windows10からはMicrosoft Edgeが標準ブラウザーになっており、

徐々にそちらにシフトしている方も増加傾向と言えます。

「Mozilla Firefox」

Windows 、macOS、Androidに対応している再現性が高く拡張機能も多いブラウザーです。

アップデートするたびにメモリを使用してしまうので、高スペックなパソコンでないと

使いづらい印象を与えてしまうかもしれません。

安全性も高く、Web標準対応に優れています。

 

「Safari」

MacやiPhoneなどのApple製品でしか利用できない、Apple社が開発しているブラウザーです。

近年iPhoneやiPadユーザー増加のため、利用者が増えています。

まとめ

ブラウザーとはインターネットを閲覧する為のソフトウェアのことです。

ブラウザーの種類は主に4つあります。

「Google Chrome」

Google社が開発するスマートフォンやWindows、macOSに対応したブラウザーです

「Internet Explorer」

Windowsに標準でインストールされている「e」のマークが特徴的なブラウザーです。

「Mozilla Firefox」

Windows 、macOS、Androidに対応している再現性が高く拡張機能も多いブラウザーです。

「Safari」

MacやiPhoneなどのApple製品でしか利用できない、Apple社が開発しているブラウザーです。